卒業生の声・進路・保護者の声

卒業生の声

瀧野川の教育だけで英検準1級に合格しました

卒業生Sさん

国際教養大学 国際教養学部 Sさん
89期生を代表する委員長 平成28年度埼玉県親善大使

私は瀧野川女子学園で6年間、学生生活を送りました。
特に思い出に残っているのは放課後の特別クラスです。ALTの先生が放課後に留学や英語のスキルアップを考えている人のために開いてくれるクラスなのですが、中学・高校など学年関係なく、英語が好きでもっと力をつけたいという共通の目標を持った仲間と出会うことができました。お互いに刺激を受けて努力していくうちに授業の中身はより濃くなり、英語力も伸びたと思います。
授業の中身はディベートの仕方、英作文の仕方、スピーチの仕方など普段の授業では学べないようなことばかりです。私は英会話スクールなどに通った経験はなかったので授業以外でしっかりと外国人の先生と話すことは新鮮でした。話しているうちにより仲良くなれたりネイティブならではの言い回しが学べたりと、とても有意義な時間であったと思っています。積極的に英語を使うことで英語力を楽しく伸ばすことができました。
瀧野川女子学園には他にもブリティッシュヒルズやハワイへの修学旅行など英語を使う機会は沢山あり、その機会が生徒が英語を好きになるきっかけとなることもあります。私は生徒が英語力を向上させたいと思った時、それをサポートする環境が揃っていることがこの学校の良いところだと考えています。
私はこの度国際教養大学に合格したのですが、英検の資格を取っていたこともあり、有利に受験を終えることができました。先生からは英検の二次試験の面接練習の最中、たくさんのアドバイスをいただきました。おかげで少しリラックスして試験を受けることができたと思います。このように先生方が生徒に親身になってくださるところもこの学校の良いところだと考えています。6年間過ごしてきた日々を思い返すと楽しかったことばかりです。この思い出を大切に大学でも頑張りたいと思います。

気負うことなく受験勉強に励むことのできる
アットホームな環境です

卒業生Hさん

筑波大学 情報学群 情報メディア創成学類 Hさん
東京都高等学校吹奏楽コンクール金賞受賞 6年間皆勤

瀧野川女子学園では、自分が本当にやりたいことを見つけられ、そしてそれを実現することを全力でサポートしてくれます。その進路実現のための学習支援のひとつとして、放課後やテスト休みの時間を使って、受験に向けた様々な講習が行われます。特別講師の先生を招いた特別講習では4年生の時から大学入試問題を扱うため、早い段階から“受験のための数学”に触れることができます。さらに、各教科の授業担当の先生に相談をして自分の苦手科目や、授業で扱っていない科目の講習も開講していただいたので、焦らず全ての教科を学習して万全な状態で試験に挑むことができました。そして何より瀧野川女子学園の最大の良さは、気負うことなく受験勉強に励むことのできるアットホームな環境です。少人数教育だからこその人と人との距離の近さ。先生や友達とお話をするのがとても楽しく安心します。学校がなかったら受験を乗り越えられなかったと言っても過言ではないほど、私にとって学校はとても安心感のある場所となっていました。非常に勉強の相談をしやすい環境であり、近年ではiPad Pro 導入も加わり、入試期間のみならず合格発表のギリギリまで先生方に助けていただきました。
この学校の空気が自分によく合っていたと思うし、だからこそ第一志望校であった筑波大学に合格できたと思います。とても感謝しています。

《過去5年間の合格実績》

《国公立大学》

  • 国際教養大学
  • 東京外国語大学
  • お茶の水女子大学
  • 筑波大学
  • 首都大学東京
  • 埼玉大学
  • 埼玉県立大学
  • 琉球大学
  • 釧路公立大学

《私立大学》

  • 早稲田大学
  • 上智大学
  • 東京理科大学
  • 学習院大学
  • 明治大学
  • 青山学院大学
  • 立教大学
  • 中央大学
  • 法政大学
  • 成蹊大学
  • 明治学院大学
  • 獨協大学
  • 國學院大学
  • 東洋大学
  • 津田塾大学
  • 日本女子大学
  • 昭和女子大学
  • 学習院女子大学
  • 多摩美術大学
  • 武蔵野美術大学
  • 女子美術大学
  • 東京造形大学
  • など
《指定校推薦》
  • 成蹊大学
  • 獨協大学
  • 日本大学
  • 東洋大学
  • 日本女子大学
  • 学習院女子大学
  • 東京農業大学
  • 東京電機大学
  • 杏林大学
  • 女子栄養大学
  • 大東文化大学
  • 国士舘大学
  • 二松学舎大学
  • フェリス女学院大学
  • 女子美術大学
  • など

保護者の方の声

PTA執行部 顧問(前会長) 西沢様

娘が中学からお世話になり、今春卒業しました。
私が、瀧野川女子学園を娘の進学校に決めた理由の一つが「創造性教育」でした。
中学生で「卒業論文」(2018年度より自由研究発表)を発表するなんて、とても魅力的に思えました。
中学一年生は調べたことをグループで発表、二年生は二名一組で(翌年にはロボットコンテストに挑戦になりました)、そして三年生になると各自一人一人が自分の本当にやりたいテーマをみつけて、一年間徹底的に調べて追求し、七分間にまとめて「卒業論文」として皆の前でプレゼンテーションする。
校長先生がおっしゃっていたように、誰一人として同じテーマはなく、各々が自分の興味を持ったもの、好きなことについて発表する姿はとても輝いていました。今思うと、そこで発表したテーマが将来の自分の目標・夢となっていたようで、とてもいい機会を与えていただいたと思います。
高校では“起業家精神を育む”という目的で、「商品企画コンペティション」・「事業化実習」がありました。
この経験で身につけた創造性と起業家精神、そして高いプレゼンテーション能力は、これからの人生で何よりも大きな力となることでしょう。
改めて、どれだけ多くの先生方がこどもたちに関わり、ご指導くださっていたかをありがたく実感いたしております。
これからも、卒業生一人一人が自分の意見をしっかりと持ち、新しく進む世界で大きく羽ばたいてくれることを願っています。

2018年度発行第54号瀧野川女子学園同窓会報より引用

交通アクセス | 資料請求

瀧野川女子学園中学高等学校

〒114-0016 東京都北区上中里1丁目27-7
TEL03-3910-6315 平日8:00~17:00 土曜8:00~15:00

Copyright (C) Takinogawa Girls' School. All Rights Reserved.